ONLINE STORE送料無料!

2022.11.30(WED) ~ 12.20(Tue)
公式オンラインストアは送料無料キャンペーン実施中!

今日の「わたし」は、人懐こく、自然であたたかい雰囲気が魅力のひと

MODEL PROFILE

倉澤 潤さん
ビジュアルコンテンツ制作会社
プロデューサー

「普段はナチュラルメイクが多いんですが、血色が悪いのが悩みで、顔を明るく見せる赤系のリップをよく使います。服装はシンプルが多いかな。ビジュアル作りの仕事をしていることもあって、シンプルでもその人らしい個性を感じる人に憧れます」

「シンプルだけど個性的」という本人の憧れを意識して、さりげなく「らしさ」を引き出す

この旅の舵を取るのは、メイクアップアーティストの河嶋希さん。オペラのリップを使い、等身大なのに新鮮な「わたし」の魅力を引き出してもらった。

河嶋さん

「普段は赤系のリップが多いとのことなので、今回はあえて、印象が変わるシアーのママレードを選びました。ちゅるんとした質感と、あたたかくなじみの良いカラーはコンサバな雰囲気になると思われがちですが、少し個性を出したいときにも活かせる色です」

COLOR

06 MARMALADE
SHEER LIP COLORスティックグロス果実を煮詰めたような メロウなオレンジ。みずみずしくヘルシー なのに色香を感じる、あの人をとりこにする色。
DETAILS

HAIR & MAKEUP

リップはリップラインよりオーバーさせながらしっかり直塗りして、ぽってりと愛らしい口元に。唇の色と合わせたオレンジのチークを目の下に小さな逆三角を描くように入れ、ぼかしながら馴染ませる。

河嶋さん

「リップとチークは柔らかくあたたかい印象ですが、全体的に甘すぎない方が彼女の雰囲気に似合います。なので、チークは広げすぎず、目元はシャープで涼しげな印象に。

普段の自然で力が入りすぎない雰囲気と、人を大事にするあたたかいイメージをミックスしました」

花びらのような可愛らしい唇の形を活かして。ぽってり、たっぷり、ジューシーなママレード色のリップに。

目尻にさりげなく白いラインを引いて、今っぽく抜け感のある目元をつくる。キラキラ光るホワイトのアイシャドウをアイホールに塗り、シャープな印象に仕上げた。

長い髪は後ろでタイトにまとめ、折り返してゴムでゆるく留める。後れ毛は遊ばせて、簡単なのに人とは被らないスタイルに。

FASHION

ポロシャツというベーシックなアイテムでも、色やデザインが今っぽいものをチョイス。透ける素材だと、甘めのピンクが少しモードな印象にまとまる。

倉澤さん

「今まで、わたしには淡い色は似合わないと思っていたので、ママレードのリップとピンクのシャツという組み合わせは、それだけで新鮮! 血色が悪いという悩みをいつも赤リップで解決しようとしていたんですが、唇を優しい色に抑えても、チークなどのバランスで肌が明るく見えることが分かってうれしいです」

みずみずしい果実のような、透き通るママレードのリップが、わたしも、わたしのまわりの人も明るくしてくれる。主張はしすぎないのに、わたしの芯はきちんと守る、あたたかいリップの色。

 

PROFILE

河嶋希NOZOMI KAWASHIMA

メイクアップアーティスト。今っぽさを取り入れながら、その人らしい魅力を引き出すメイクが人気。色使いや質感の絶妙なセンスにはファンが多く、スカーフやヘアアクセなどを使ったヘアアレンジも得意。初のメイクブック『見違える、私メイク』(ワニブックス)が発売中!

STAFF CREDIT

Photography CHIHIRO TAGATA/Hair&makeup NOZOMI KAWASHIMA(io)/Styling MARI TSUJIMURA/Edit MOMO AKAGI、SARA FUJIOKA(Roaster)