一目惚れした古着のウインドブレーカー。街中でも着こなしたくて、あえて女っぽいコーデに合わせてみる。マキシスカートにサラリと羽織れば、ほどよくハズシの効いた等身大のストリートルックがすぐ。仕上げに塗るニュアンスピンクのルージュが、すべてを繋げてくれる。

この秋冬のデニムはゆったりと肩が落ちるものを選んで、フェミニンに着こなしたい。そんなムードによく似合う、ロングピアス、ラメのスカート、そして真っ赤なブーティ。クチビルには靴の色とリンクしたシアーなレッドをふわりと咲かせて、お決まりのデニムを誰より色っぽく。

みんなと一緒じゃ、つまらないから。あえて選んだ、定番のトレンチとはひと味違うステンカラーのモダンなコート。クチビルもモーヴレッドで差をつけて、完成したのは私なりのクラシカルコーデ。トラッド感と今っぽさのバランスが、大人の気分にちょうどいい。

キレイに発色
口紅より透明感

スティック状グロス

オペラ シアーリップカラー N
全10色 / 1,200yen (+tax)

透けるキレイ色
落ちずに続く

ティントオイルルージュ

オペラ リップティント
全6色 / 1,500yen (+tax)